Philharmonia NEX トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

New PSARDumper for 6.30 公開

PSP 公式FWアップデータの展開アプリPsarDumper の最新バージョンが
リリースされました。
PsarDumper
最新版ではFW6.30 の展開に対応しています。

詳細は続きから。 スクリーンショット
更新内容
▽FW 6.30展開・暗号化に対応
▽phat kernelキーのslim kernelキーの追加

一般ユーザーにはあまり関係のない話ですが、FW 6.30でも復号化に対応したのは、
開発者にとっては重要なこと(らしい)です。
今回のリリースでCFW開発が進んでくれると嬉しいです。

まあ、僕ら一般ユーザーは、CFW M33 6.20 Pluginに使うぐらいですかね。

画像などは DS PSP初心者用講座 様のサイトのをコピペしています。
写真が古いところは気にしないでください。

それでは、導入開始。

1・ New PSARDumper for 6.30をダウンロード後、解凍します。

PSARDumperfor 6.30……ダウンロード

2・解凍後、出てきた「new_psardumper」フォルダを
  ms0/PSP/GAME フォルダにコピー。

コピー

3・メモステのルートに展開したい EBOOT.PBPファイルを
  リネームしないでコピーします。
ルートに置く

4・ XMBから起動します。
  (最新版はアイコンが違います。)
XMBから起動
5・ メニューの対応キーを参考にして、任意のFWを展開してください。

展開作業
一応、参考までに説明しときます。

×ボタンでは、固体情報を 含んだ、暗号化された状態で展開、
○ボタンでは、固体情報を含まず、暗号化された状態で展開。
□ボタンでは、固体情報を含み、暗号化無しで展開されます。

展開が完了した後、メモステのルートに作成されたF0フォルダ内に
展開されたデータが入っています。

展開完了

ここで展開したファイルは、PSPでPS1エミュを快適動作させる
ときなどに必要になるかもしれないファイルなので、PCに移してバックアップしておくと、
いざという時に便利です。
場合によっては必須になってくるツールなので一応入れておくといいです。

※薩摩ノ神 さん、PSARDumperの記事を作成しました。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/19 16:55 ] PSP | TB(0) | CM(1)
ありがとうございます!
プラグインの導入できました!
[ 2010/11/20 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
My profile

C=C

管理人:C=C
性別 :男性
人種 :暇人
旧Uploader:NEX Uploader
新Uploader:NEX Uploader 予備倉庫

Number of visitors
Monthly Archives
10  08  07  06  05  04  03  02  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  03  02 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。